投稿

突厥文字3 𐰦 誓い

突厥文字は38字あります。そのうちの1つを紹介します。   です。これは突厥文字の子音のntの音を示します。 なんだか人の顔に似ていますが、 実は点は血の塊で、丸い入れ物の中に血の塊が入ってるという状態なのです。 血を使って誓いをたてることがよくありますが、突厥でもそのようで この形は 誓いを意味します。 以下に紹介すつのはちょっと違うヴァージョンもですが、みなおんなじ文字です。碑文の書かれた時代や場所によって違いが少しあるみたいです。

𐰓𐰀𐰾𐱃𐰀𐰣 デスターン 伝説 8世紀のトルコ歴史ドラマ  エピソード1 15年前の悲惨な事件

 あらすじ 8世紀中央アジアでは、トルコ族の中で空族が天下を取っていた。 その15年前裏切りの汚名を着せられた山族。 その後山族は放浪することになる。さらに商いも禁止されたために、ようやっと命をつないでいくだけの生活を強いられていた。そのため空族のキャラバンを襲ったりすることもあった。 15年前の悲惨な事件によって、山族の長には女性がついた。女性のハンが本当にいたかどうかは定かではないが、この山族のハンは決断力があり、強くかっこいい。 そんなハンの言うことを聞かないめちゃやんちゃでもしかしたらハンよりもさらに強い女性がアククズだ。 彼女は15年前父を殺され手から、復讐のために生きてきた。 そしてバトゥガとアルパグハンたちが 婚約式のために結納品を携えて、アルパグハンの兄のもとへ向かう途中 アククズとスルマとヤマンは彼らを狙った。後ろからやってきたアルパグハンたちは兵士たちが倒れれているのを見て、慌てて安全な場所へと急いだ。 彼らが駐屯した場所は、かつてバトクガの母が殺された場所であり、彼女のお墓もあった。 お墓のそばでバトゥガに話しかけるアルパグハンをアククズの弓がとらえた。アククズは弓の名手なので本来なら胸に命中するはずだった矢は、バトゥガがよろめいたために、急所を外れた。その場は大さわぎになった。 だがそのどさくさの間に、矢を射ったアククズを見たものがいた。 バトゥガだった。 バトゥガは彼女が誰かすぐに分かった。 なぜなら彼女が木でできた刀を持っていたからだった。 その刀はいつもバトゥガが腰に差している刀ととてもよく似ていた。 実はその刀を作ったのはアルパグハンに刺されなくなったアククズの父だった。 アククズの父が亡くなる少し前、彼女はその日母を殺されたばかりのバトゥガを慰めようと二本持っていた木刀の1本を、彼にあげたのだった。 その時バトゥガがアククズが初めてみたのだが、2度目は父が矢にいられた時となった。 ハンは助かるか?アククズは捕まるか?バトゥガは婚約するのか?それは2話のお楽しみです。 ではまた明日。 概要 監督 エミル ハリルザーデ Emir Khalilzadeh 脚本 ネヒル エルデム Nehir Erdem    アイシェ フェルダ エルユルマズAyşe Ferda Eryılmaz デスタンの登場人物・キャスト Ebru Şahin エブル 
EU HONDA純正 Pillion seat cover

 月手草 突厥文字 2 𐰖 ☽𐰠𐱇

突厥文字 の  「矢を射よ」 という言葉を1年以上も前に紹介しましたが覚えていらゃっしゃるでしょうか? 𐰸𐱃  とかきます。突厥語は右から左へ読みますので、右側の下向きの↓が矢という意味で、左側のダイヤの上に上向きに矢印が付いているみたいのが射よという意味の動詞です。 詳しくはhttps://osmanteikokugaiden.blogspot.com/2020/08/blog-post_30.html をご覧ください。 今日は 月と手と草を紹介いたします。 月  𐰖 ☽ 見てすぐわかります。半月の形をしています。まれに三日月も使われました。 手 𐰠 ローマ字の大文字のYに似ていますね。 右手を開いてみてください。 親指と人差し指の形を見てください。そこがVぽく見えませんか? それから小指側のラインを見てください。リストからひじに向かうラインが、Yの下側の部分の線lを表します。 それらをくっつけると Y の形になります。 草 𐱇 丘の上に草が生えている様子です。 http://www.tamga.org/2016/01/web-tabanl-gokturkce-cevirici-e.html https://www.turkedebiyati.org/turk_destanlari.html http://otuken.world.coocan.jp/index.htm

Alparslan: Büyük Selçuklu  アルプアルスラーン 大セルジューク朝2021年トルコドラマ

  概要  トルコ時代劇ドラマ 2021年11月8日開始 アナトリアのトルコ人への扉を開いたスルタンアルスラーンの祝福された旅... セルジューク帝国のスルタン・トゥグリル・ベイが後継者を任命する日、ビザンチン帝国がトルクメン人を攻撃したというニュースを受け取る。 彼はアナトリアへの遠征を命じる。 多くの謎の暗殺者が遠征中のセルジューク帝国の王を攻撃する。 そのため追跡したアルスラーンは予期していなかった場所へ。 暗殺者を追いかけている間、ビザンチンの迫害から逃れたトルクメンの少女 アクチャの命を救う。 アルスラーンとアクチャ ハトゥンに愛がめばえるが、アルスラーンはアクチャの美しさの背後の秘密に気づかずにいた。 ビザンツ皇帝は、トルクメンの問題を解決するために、デュカス将軍とルーマニアのディオゲネス大尉をアニに送る。 しかしアニの長の息子であるヤニスの過ちにより、セルジュークのトップ トゥグリル・ベイは宣戦する。 アルスラーンは、セルジューク軍と共に現在のエルズルムの地・パンシラー(パスィンレル)でビザンチン軍と対峙する。 カペトロンの戦いはアナトリアの門をトルコ人に開いた。 脚本  エムレ コヌク 監督  セダル インジ キャスト バシュル アルドゥチュ * メリク アルプアルスラーン 役 チャウル ベイの息子 ファーリエ エヴジェン * アクチャ ハートゥン 役 は何の娘。小さいころ母をケカヴメノスに殺される。その後彼にマリアとして育てられ、スパイとしてトルコ村に送られるが、自分自身はトルコ人であることを知っている。 メフメト オズギュル * ハサン 役 チャウルベイ、アルプアルスラーン メリクシャーに仕えた宰相 アクチャの父 ユルダエル オクル * トゥール ボザン 役 ガズナ朝の長。 カルマティスのリーダー

𐰓𐰀𐰾𐱃𐰀𐰣 デスターン 伝説 8世紀のトルコ物語 空族の王子と山族の少女の物語

 トルコ中央アジアを舞台に帝国を作り上げた突厥は 日本ではあまり知られていませんがとロコではとても有名です。 ですが 資料が中国側によるものとわずかに残された碑文のみです。 その中からこのような面白い歴史ドラマが作り上げられたことには感嘆するしかありません。 内容も時代や地域に関係なくスリルあるストーリーとなっています。 特に女性たち! 勇敢な女性たちの姿は私たちを勇気づけてくれます。 例えば主人公の アククズ(白少女)は小さいときに目の前で父の死を目の当たりにし、その後彼女の一族 ダー(山族)住む場所も終われるのですが、 もちろん勇敢といっても女性ですので愛にも悩まされることもあります。(実は空族のハーンの息子と恋に落ちます。) 多分二人が助け合って トルコ族統一を成し遂げるという結末なのではないかと思います。 成長したアククズを演じている エブル シャヒンさんがこれまた すごい! 素晴らしい刀さばきでアクションが素晴らしいです。 もう一人の女性は山族の長です。 彼女は父親が殺されたために行先の亡くなった一族をまとめハーンとして15年山族を束ねてきました。 でもそんな彼女にも思いを寄せる人がいました。 でも彼女はハートゥンである前にハーンであると自覚していますので、決して心が揺れることはありません。 想いは心の奥にしっかりしまったまま強く生きていきます。 もう一人は空族のハーンの妻 エジェです。彼女はロシアの王女だったのですが奴隷として空族に連れてこられます。 当時ロシアという国があったのかよくわかりませんがルスと言っていますのでロシア系の部族の王女だったのかもしれません。 彼女はちょうどオスマン帝国外伝のヒュッレムのように長の妻になって、他の族のしきたりをマスターし権力をもって生きている女性です。 3人ともカラーは違いますが、強い女性という点で共通しています。 このドラマの1話は日本語字幕もついています。ぜひ機会があったらご覧ください。 https://youtu.be/KHr-zNVfAW0 概要 監督 エミル ハリルザーデ Emir Khalilzadeh 脚本 ネヒル エルデム Nehir Erdem    アイシェ フェルダ エルユルマズAyşe Ferda Eryılmaz デスタンの登場人物・キャスト Ebru Şahin エブル シャヒン Akkı

トルコドラマ サダカトスズ  エピソード44 アスヤを助けたのは誰?

22日の夜8時にトルコで Sadakatsiz のエピソード44が放送されました。 アスヤがまた大変なことに巻き込まれ、けがをしてしまいます。 レイラと言い争っている時に レイラがアスヤを押したので、頭を機にぶつけて失神してしまうのです。相手はさらに棒を手にしてアスヤを殺そうとしました。 それを見かけたあるものがアスヤを助けるために後ろから棒で殴るのです。 なんともはや、離婚騒動が、警察沙汰になってしまいました。 ここまで43の最後で観たシーンです。 このドラマは展開が早くて、さらに思いもかけないことが連続で起こる。スリルのある愛憎ドラマでもありました。  犯人として疑われたのは第一発見者のデリンでした。 デリンは今までの嘘が災いして、家族からも信じてもらえない状況になってしまいます。 アスヤはすぐに意識を取り戻しましたが、レイラはかなり重症で、まだ意識を失ったままです。 真実を知っているのはレイラを棒でたたいてアスヤを助けた人物のみです。 誰でしょうか? セルチュクはニルにあいます。彼は先ほどニルが見た出来事を説明しようと思っていました。 そうです。彼のちょっと前まで恋人だったジェレンと一晩過ごしたことについてです。 ところがその話を始める前にニルは泣き出しました。 どうしたかって? 皆さんもうお判りでしょう! アスヤを助けたのはニルだったのです。気を失ったアスヤに襲い掛かろうとしたレイラを止める別の方法をその瞬間思いつかなかったのでした。 ニルはデリンが自分の代わりに捕まったことを知って苦しんでいました。 そして優しく接するセルチュクにそのことを話しました。 するとなんということでしょう。 セルチュクが 「だれか見ていたものがいるか?」 いいえ 「では俺がやった いいな」 とニルを諭すのでした。 ニルは 「いいえ 私よ」 と言いながらもセルチュクの胸の中に泣き崩れました。 セルチュクはニルの身代わりになろうとしているのです。 浸りの絆はこの不運な出来事によって幸いにも深まりました。こういうことは私たちの世界でも時々起こりますよね。 困ったときにそばにいてくれる友人や恋人がいるのは本当に幸せなことさと思います。 トルコのことわざで 「友人は困難なときに明らかになる」というようなことわざがありますが、 セルチュクはまさに困難なときにそばにいてくれる友人だと思います。

サダカトスズ エピソード43 アスヤはプロポーズをあきらめることに・・

あきらめる アスヤの息子アリは母アスヤがプロポーズしているところを見て逆上した。 家に戻と母と言い争うになり、怒って父のもとへ。アリの両親は父親の浮気で4年前に離婚していた。 しかし父親に諭されて、結婚を妨害するためにアリは家に戻った。 そして母に自分と母の間に誰も入ってほしくない、母を取られたくないといい言いくるめる。 アスヤは女性よりも母の道を選び、結婚指輪を返す決心をした。 子供の気持ちを尊重した形になったが、果たしてこれでいいんだろうか。子供にとって新しい父親ができるのは困難なことだと思うけれど、 だからといって母の幸せを阻む権利は子供にはないだろうと思う。 ニルはセルチュクの家に出かけた。 そこにはセルチュクの少し前までの恋人だったジェレンがいた。 ニルはセルチュクに少し期待していたに違いない。実は私もかなり希望を思っていた。セルチュクとニルがまた前のように仲良くなれたらと・・・ でも今ニルはショックで泣きながら去っていった。 ヴォルカンは何してるかって? 最悪だ。 彼は息子をけしかけただけでなく 今度はアラスの妻に電話し、離婚を取り消す策があると話した。 そしてレイラはそれを実行にうつすが、藪蛇だった。 アラスは実はライラの浮気の決定的な写真を持っていたのだった。 でもそのことには触れず必要以上の慰謝料を約束する形で離婚を申請していたのだ。 今回のでっち上げ事件には堪忍袋の緒が切れた。 かれはその写真を公表したのだった。 そのためレイラは莫大な慰謝料を一瞬に失ってしまった。 レイラの逆上 逆上したレイラはアスヤに逆恨みをし、彼女と喧嘩になり、アスヤは気に頭をぶつけ失神した。 それからレイラは怒りが収まらず彼女を近くにあった棒で殴り殺そうとした。 わあ、アスヤが危ない! と思ったその瞬間誰かがレイラの頭を棒で殴ったのだった。 だれだろう? 多分アスヤを助けようとしていたに違いないが・・・ ということでドラマはまたまた大変な方向に進んでいった。 アスヤとレイラは大丈夫なんだろうか?そして第一発見者のデリンはどうなっちゃうんだろうか? 主な登場人物 アスヤ 主人公の女医 幸せな暮らしをしていたが4年前夫の浮気が発覚。離婚。現在事故出知り合ったアラスト付き合っている。 アリ アスヤの息子。 元ともいい子だったのだが、父親のヴォルカント一緒になってアスヤの結婚を妨

最新記事

もっと見る

ニュース

7/28

ジャンスデレ主演のトルコドラマ シーズン2毎週ん水曜日トルコで放映中。主人公アスヤの恋人役に抜擢されたのはベルカイ・アテシュ(Berkay Ateş)彼はMOTHERというドラマでジェンギズを演じていた。 

7/20

今日からトルコは犠牲祭のお祭りが始まる。今年の観光地は予約でいっぱいになった模様

7/13

海辺の休暇から戻ったアラス・ブルト・イネムリさんはお引越し。決別説が浮上

7/12

ハリット夫妻がまだ生まれてこないレイラちゃんと3人(?)での写真をUPし、人気!

7/12

メルイェムさんが映画に出演決定

7月3日

ドイツでトルコ人の家族が催涙ガスで攻撃される。人種差別攻撃だといわれている。

7月6日

アラス・ブルト・イネムリさんはチュクールの「ドキュメンタリー撮影」を始めた。3クルシュというドラマに出る予定はないが、ネットフリックス等国際的なドラマか映画に出演する可能性があるとボーダフォンの記者会見の時に話していたそうだ

7月5日

トルコへのフライトがロシアから増加。トルコへの旅行が人気

オスマン帝国外伝シーズン4でムスタファ皇子の隠れ妻を演じたベッラクさんがダイエット中。やせ過ぎを心配するファンの声

3度目のワクチンをうった77歳のネバハト チェフレさん。(オスマン帝国外伝で母后役)が久しぶりに休暇へ出かけた。

7/4

教師 18歳以下と65歳以上の人々全員に博物館・美術館を解放。無料で見学できる。

マルマラで発生した大量の藻類からの茶色い粘液(海の鼻水)がそうじされた。放置すると コレラが起こる可能性もあるらしい。

50歳以上の国民に3回目のワクチン接種が行われた。(7月4日22時現在100万人以上) (トルコの人口は約8200万人)

プロフィール

当ブログにお越し下さりありがとうございます。ドラマのあらすじや登場人物のお話のブログです。どうぞお楽しみくださいませ。